warにsiteを同梱しても色々捗らない件

何の役に立つのか分からないですが、warにsiteを同梱することでWebアプリケーションのデプロイと同時に自動生成されたドキュメントを閲覧できるようにしてみました。

 やはりMaven

すいません、やっぱり今日もMavenネタです。仕組みとしてはwar生成時にリソースとしてsiteをまるっと突っ込むだけです。

<plugin>
        <groupId>org.apache.maven.plugins</groupId>
        <artifactId>maven-war-plugin</artifactId>
        <version>2.1.1</version>
        <configuration>
                <webResources>
                        <resource>
                                <targetPath>site</targetPath>
                                <directory>${project.build.directory}/site</directory>
                        </resource>
                </webResources>
        </configuration>
</plugin>

targetPathは生成先のディレクトリ名です。上記の場合http://localhost:8080/hogehoge/site といったURLでアクセスできるようになります。targetPathを書かなければhttp://localhost:8080/hogehoge/ でアクセスできます。

<plugin>
        <groupId>org.apache.maven.plugins</groupId>
        <artifactId>maven-site-plugin</artifactId>
        <version>3.0</version>
        <executions>
                <execution>
                        <id>attach-site</id>
                        <phase>prepare-package</phase>
                        <goals> 
                                <goal>site</goal>
                        </goals>
                </execution>
        </executions>
</plugin>

あとはprepare-packageでサイト生成するだけです。簡単ですねー。

何の役にも立たないかもしれませんがどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>